2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« カラオケ | トップページ | 更新。 »

2006年2月19日 (日)

あ そうだ。

お知らせです。

いつもご覧になってくれてありがとうございます。

本を見ながら カウンターを設置してみました。

PC1台についてカウンターは一日につき一回動かせます。

10000HIT 達成時には何か楽しいこと考えてみたいと

思います。

中谷さんのHPにリンクを貼っていただいたり。

ココログフラッシュなどにも 投稿後情報がいくので 結構アクセス

してくれる方がいてくれてうれしい。

これからもぜひ 遊びに来てください。

これから棚卸しで忙しくなるのでちょっと 少なめの投稿になると

思いますが ほんのひとことでも 続けて いきたいと思います。

書くことは楽しい。 ブログを初めてますます実感しています。

« カラオケ | トップページ | 更新。 »

コメント

先週から東野圭吾の「白夜行」を読み耽ってました。
そして今晩読了しました。
言葉では言い表せぬ想いです。

読むきかっかけはTVドラマでした。初めはただなんとなく見ていたのですが、見ていくうちに重いドラマだと思うようになりました。周りでも「初めは見てたんだけど、後味が悪くて見るのを止めた」などなど耳にするようになりました。
だけど、私は興味・関心を持ちました。ならば大学も休みのこの機会に原作を読もうと本を買いに行きました。が、この本の厚さ(単行本で4cm弱)を見てためらいました。家のこともあって忙しい最中、読了できるかどうか…。

で、結局買いました。
人間の心の暗い側面、邪な断面を描く重い話がこの小説の根底に流れています。そこからどうにか這い上がろうともがきますが、結局主人公たちは明るい昼の光は当たれず、白夜の中を歩くような感じで終わります。
 
小説の詳細は省きますが、読む人によっては好きではないかもしれません。でも、私は読んでよかったと思っています。読了し終えたばかりで、頭の中が整理しきれてないので感想を的確に表現できませんが、人間の弱さ、複雑さを改めて考えることができたからだと思います。
喜怒哀楽の喜と楽だけでは、人間の深みは創られません。残りの怒と哀をどのように生かすか、でその人生を大きく変えてしまうものだとも考えました。

こんな感じです。次は何を読もうかなと考えています。NHK[氷壁」のダイジェストを見たのですが、面白そうと興味を持ちました。もう少ししたらチャレンジするかも?しれません★

『百夜行』ですか。
自分はこれについては 全く知識ゼロでした。

先ほどインターネットで検索して
ああ こういう感じの話なのか とさわりだけつかんだだけです。
表紙のラベルにプリントされた山田孝之と綾瀬はるかの沈んだ表情
が印象的な 重そうな小説ですね。

>小説の詳細は省きますが、読む人によっては好きではないかもし>れません。でも、私は読んでよかったと思っています。
>喜怒哀楽の喜と楽だけでは、人間の深みは創られません。残りの>怒と哀をどのように生かすか、でその人生を大きく変えてしまう>ものだとも考えました。

映画もそうですが これが一番大事なのだといつも思います。

色々な 人の 評価などあると思いますが
その本や映画から自分が得たもの
何か”キーワード”みたいなものを見つけられれば
それでいいんだと思います。

感性はひとそれぞれですからね。

そういった意味でも この本に出会って感じたことが
やがて もりまさ嬢の感性をより豊かにしていくと
確信しています。


自分は 最近は
(近いうちに このブログで紹介しますが、)水谷修さんの
『夜回り先生』を読みました。

非常に強いショックと感動をうけました。

夜間学校の先生をつとめる 水谷さんが
心無い大人から 傷つけられ 夜の世界へと
身を投じた 子供達のところへ足を運んでいく。

対話をし一緒に悩み苦しんだ数々の交遊録。
それを常に 子供の目線で 切々と 淡々と語っていく話です。
これもぜひオススメしたいですね。

また 色々と 話してくださいね。

こんにちは。
いろいろな無料カウンターを探して、
自分のブログに合うものをつけてみました。
カウンター関連情報も載せました。
TBします。よろしかったらご覧ください。

てらまちさんはじめまして。
早速ブログおじゃましました。

大変 お詳しいですね!
参考になります。

てらまちさんのブログもこれからも
読ませていただきます。

ありがとうございました。感謝です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24110/766446

この記事へのトラックバック一覧です: あ そうだ。:

» ◆ブログ用の無料レンタルのカウンター探しや比較。 [てらまち・ねっと]
 HPやブログのアクセス数などを知るためにつける無料サービスのカウンターがあります。  検索で探してみました。  探すのには、ここが便利でした ⇒ 無料カウンタのリンク集      (青字は発行者の説明部分の引用です) ●① そんな中で、私が一番面白いと思ったのはこれ    Google,Yahoo!,MSN無料アクセスカウンター  検索エンジン「Google,Yahoo,MSN」からのアクセス数は把�... [続きを読む]

« カラオケ | トップページ | 更新。 »

フォト

’08 七夕祭り

  • 2008_1
    08年7月13日更新

卒園式

  • 年少時の先生とツーショット
    2008年3月18日 マサキ卒園です。

息子の小部屋

  • 甘えてます。
    こどもの写真を撮るのは楽しいですね。

お宝(サイン他)

  • 辰吉丈′一郎のサイン
    ここでは 私が大切にしているお宝を紹介します。