2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月26日 (日)

拳闘士 ウィラポン

WBC世界バンタム級タイトルマッチ

長谷川穂積 vs ウィラポン・ナコンルアンプロモーション

の戦いを見ました。

9R あのウィラポンが長谷川選手のカウンターの右フックを

受けて前のめりに倒れた。そして必死の形相で立ち上がろうと

試みるも 足がヤワになっていて 立ち上がれる状態ではない。

レフリーは両手を交差し試合の終了を宣言しました。

ジャンプして喜びを表現する長谷川選手。

肉体的そして精神的なダメージで呆然自失状態のウィラポン選手。

あのウィラポンがこんな形で敗れるとは・・・・。

勝負の世界の厳しさをまざまざと見せつけられました。

日本人なら普通 長谷川選手を応援するでしょう。

でも 自分はウィラポン選手も

長谷川選手同様いやある意味それ以上に好きで尊敬しているため

他の日本人対外国人選手の試合とはちょっと違った思いでみていました。

ウィラポンは辰吉丈’一郎からタイトルを奪った宿敵。

そして非常に強い西岡選手を4回も引き分けも含め退けた

日本のボクシングファンには馴染みの深いボクサーです。

前回 長谷川選手に敗れるまで14回の防衛を誇りましたが

それらは30歳を過ぎてからのこと。

ボクサーとしては高齢で 軽量級でそれだけの防衛を重ねることが

どれだけ大変なことか。そのために 富を築いても家に住まずずっと

ジムに住み込んで 毎日の精進を重ねたといいます。

禁欲的(ストイック)な 戦士 ウィラポン。

今回の試合にかける意気込みも凄く 仮想長谷川を意識した試合を

重ね勝利し、最高のコンディションを作ってきたといいます。

もう 年齢は37歳であること。 同じ相手に2連敗したことで

かなり状況は厳しくなっていることはわかります。

試合後 ロッカールームに引き上げるウィラポン選手にあの辰吉選手が

寄り添っていました。

かつて 今のウィラポンと同じ思いをその拳で味あわせた男が今 横に寄り添って

黙って その苦さを共有している。

彼がそばにいるだけで 大きな力になるはずだ・・・。

まずは ゆっくり休んだほうがいい。

そして 自分の納得いく結論を出してほしい。

そう心から から思います。

ウィラポン選手に思いの入ったコメントをしましたが

この試合の長谷川選手は本当に素晴らしかった。

漫画『はじめの一歩』にあるように

ウィラポン選手という最強のボクサーの想いが

長谷川選手の拳に宿っていく。

最強のバンタム級チャンピオンになってほしいです。

20060326k0000m050083000p_size6

2006年3月25日 (土)

イチローの思い出

WBCでの日本チームの優勝の興奮がまだ冷めないです。

仕事で生中継では見れませんでした。帰ってからスポーツニュース

に釘付けでした。

代表選手は MVPを取った松坂投手を始め、皆素晴らしかったけど

やっぱりイチローのリーダーシップが光ってたな。そう見ています。

自分の中で イチローにはこんな 思い出があります。

それは1999年の6月のことです。

千葉マリンスタジアムにロッテ対オリックス戦のナイターを観に出かけました。

1回裏 ロッテの俊足バッター小坂がセーフティーバントを試みました。

ボールを拾ったピッチャーのファーストへの送球と一塁を駆け抜ける小坂の足。

塁審の判定はアウト。

でもそれはアウトともセーフともいえるすごく微妙な判定でした。

判定に不服なロッテの山本監督(当時)が飛び出してきた。

審判に鬼のような形相で食い掛かりました。

しかも 勢いあまって、審判をちょっとこづいてしまったようです。

やはり、山本監督。それはまずいよな。退場処分でした。

怒りの納まらない山本監督。選手を全員ロッカールームに

引き上げてしまいました。そしてグラウンドにはオリックスの9人の選手

だけが、取り残されてしまいました。

スタジアムは異様な空気に包まれ、試合は続行しそうにないしなあ

退屈な時間をすごしそうだと思って見てました。

と その時です

センターを守っていたイチローがキャッチャーグラウンドへ向かってきました。

キャッチャーと何か話をしたのち、イチローはピッチャーマウンドへ行き。

キャッチャーはミットを構えた。

そう スピードガンコンテストを始めてくれたんです。

1球1球スピードボールがミットに投げ込まれていく。

130km、140km、確か最速で143kmだったかな。

本職のピッチャーばりの素晴らしいフォームから繰り出される快速球。

先ほどのもめごとによる 退屈な試合中断の空気は一気に吹き飛び

普通は見られない イチローの素晴らしいショーに酔いしれてしまいました。

ショーが終わると、イチローは軽く手を振ってセンターに戻っていきました。

そのしぐさがさりげなくて またカッコよかった。

スタジアムは 拍手の嵐でした。

空気を読んで 自ら 行動を起こした。

そして 退屈な時間を至福の時間に変えてくれました。

やはり 凄い人だと 改めて思いました。

ほどなくロッテは助監督をたて試合は続行となりましたが

グラウンドはイチローの余興の余韻がいつまでも残ってました。

とても 温かく、そして さわやかな 余韻がね。

イチローは進化をやめない。

今年はどんな ものを魅せてくれるのだろうか?

これからの活躍が楽しみです。

あの日の ファンへの思いやりを ずっと忘れません。

Iw2_b

2006年3月21日 (火)

【映画の話】 ドラえもん のび太の恐竜2006

4歳の息子と二人で見に行きました。

息子にせがまれてではなく

息子を無理やりつれて観にいったというのが

正直なところです。

懐かしの名作にまた会えて嬉しかったです。

この映画は僕が小学校4年生の時に上映して

母と弟二人、あと確か友達が二人で見に行ったんですね。

スクリーンに映し出される懐かしい登場人物達が

自分をはるか昔 1980年当時の自分に

戻してくれました。まるで映画そのものが

ひとつのタイムマシーンであるかのように・・・。

超手短に物語を紹介すると

ひょんなことから ピー助(首長竜の子供)

をのび太君が卵から孵しそして 育てます。

そしてドラえもんやジャイアン、スネ夫、しずかちゃん

らと共に協力しピー助を 本来彼がいるべき場所に戻しにいく。

凶暴な恐竜もいる白亜紀の世界を旅し、未来からやってきた

恐竜ハンターという悪い大人の妨害や誘惑にも立ち向かいながら・・・。

映像はCGなどの処理も随所に使われ

当時のそれよりはるかに美しくなっていましたし

声優の方達もドラえもんをはじめ全く新しい人達に

バトンタッチされていていましたが違和感なく

世界に溶け込んでいけました。

オリジナルも好きでしたが 微妙に新しいシーンが付け加えられたり

オリジナルのときの技術では不可能だったこともCGなんかも

使用され 更にスピーディーにそして迫力満点な仕上がりになっていました。

天国で藤子F不二雄さんも喜ばれていることでしょう。

この 映画がこんなに素敵なのはどうしてだろう。

それはきっと

生命(いのち)の尊さ。

そして かけがえのない友情

というテーマがしっかりと土台に組まれていて

それが 大人が見ても 温かい涙が頬を伝わってくるほど

強く 美しく そして 楽しく 表現されているから かな。

大人になった今の方がより この

単純のようでいてこんな難しいことに気づきを受ける

といってもいいかもしれません。

日常の忙しさ、仕事や色々な出来事によるストレスで

自分を見失いそうになり人への思いやりに欠けてしまいそうな この頃。

笑いや ハラハラドキドキのシーンに織り交ぜながら

大事なことを しっかりと胸に残してくれました。

単なる懐かしさだけでなく 今でこそ気づくこともある。

また 会わせてくれて どうも ありがとう。

スタップの皆さんに感謝ですね。

Imgp1030_1 

2006年3月10日 (金)

まめ*その後。

流行ものに すぐ手を出してしまう 私。

昨年 千葉県の佐倉市の会社に勤めていたとき

こんなものを買ってきて育てていました。

20060222_0048_000

知ってますか?これ。

種から かわいらしい芽が膨らみ

その芽のところに”ありがとう”

とか”大好き”とかのメッセージが入っているんです。

メッセージは買った本人しか分からないから

それぞれのメッセージを送りたい人に

これをプレゼントし、どんなメッセージが出てくるんだろう

とわくわくと待つこと数日。

素敵な ことば のプレゼントという アイデア商品です。

まあ、そんなわけで。

私も 丁度 忙しくってたまらなかった時期だったので

職場のみんなでこれに水をやり、日光にあて

芽が出ることを毎日の楽しみにし 癒しを得ていました。

数日後 ”ありがとう” のメッセージが現れ 

ほのぼのと 皆で 小さな感動を味わいました。。

植物ですから 芽がでておしまい。

というわけにはいきません。

ぐんぐん 凄い急成長で つるが延び 葉がでて

職場の窓の景観が よくない感じになってしまいました。

泣く泣く? 責任者の私はその もと まめ君を会社の庭の片隅に

こっそりと処分してきた  はずでした。

そして その後 異動で 今の会社に.来て 数ヶ月後。

その前の職場の女の子から一通のメールが。。。

------------------------------------------------

タイトル: まめ

もりまさ さん の 忘れ形見がこんなに大きくなりました。

-------------------------------------------------

P9280039_1 

 でかっ!

このそらまめの化け物みたいなものの

殻をやぶると 例のまめがでてくるんでしょうか?

あ 忘れてました。そのメール もう一行ありました。

----------------------------------------------

引き取ってください。

----------------------------------------------

・・・その後 その 会社には お邪魔しておりません。

しかし、近日中に行くことになるので

どうなっているかなあ。こそっと様子を見てきます。

(さすがに 撤去されている気がしますが・・・

P.S 

もりまさの 一番下の弟が昨年 結婚しました。

結婚する前に 二人のナレソメを聞いたところ

弟が カップか何かに植物の種を.入れて職場で成長を

楽しんでいたところ、興味を持った同じ職場の女の子

が声をかけてきて 二人で成長を見守っていたとか。

それがきっかけで 恋の花が咲いた? ということらしいです

・・・これを見ている シャイなあなた! 

名づけて ”まめ作戦 ”

ぜひ お試しあれ。

2006年3月 7日 (火)

【単語登録】 フォー。

今日のことです。

仕事中 いきなり周りが次から次へと 爆笑しだしました。

しかも腹をかかえて その悶えようはただごとではありません。

まさに 

WHAT’S THE MATTER WITH YOU!

って感じです。

でもね。

実はその原因を作ったのは私でした。

やっちゃいました。久々に。

で そのメールです。 

まず 時間をご覧になり。真剣に仕事をしている気分で

上から ゆっくりと お読み下さい。(原文のまま)

-----------------------------------------------------------

Date: Tue, 07 Mar 2006 15:56:51 +0900

To: (メールアドレス記入しています)

Subject: Fwd: ○○電/南川崎南太田線154kV EB-Gの件

宛)Bチーム各位 (もりまさのGrです)

今から動けば納期は問題ないと思います。

設計に確認し、複合碍管を手配してください。

おはようございます。

                   ○○(もりまさの署名)

-------------------------------------------

|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| ネボケテンジャネー

実は パソコンの単語登録

”お”と選択すると

1.お願いします。

2.おつかれさまです。

3.おはようございます。

を選べるようにしています。手をぬくために。

で なぜか エライ選択間違いしてました。

(正解はもちろん 1)

間違いは単純なんですが、文章をまじめによんで

いた人達には すごい不意打ちを食らわせてしまったわけなんですね。

いやはや。

気をつけまっす。

2006年3月 6日 (月)

横浜動物園 ズーラシアに・・

行ってきたズー(なぜか東北弁)

いやいや 久々に とても 楽しい一日でした。

動物というのは癒しになりますね。

ズーラシアはサファリパークとまでは行かないまでも

オリに入れられた動物園より動物達との距離が近く

動物たちの住まいも綺麗で そのおかげか彼らもなかなか元気でした。

その中でも特に印象的だったのが

オセアニアの草原とかいうテーマでワラビー

(カンガルーのちっこいの)

とダチョウもどきが一緒に暮らしているエリアがあったんです。

そこに どういうわけか 約一頭 機嫌の悪いダチョウがいて

ワラビーをしつこく追い回してました。

逃げまくるワラビー。しつこくストーキングするダチョウ。

ワラビーの方が早くてつかまらないだろうと思いきや

追いかけているダチョウの方が跳躍していない分だけか

早いんです。

嫌がるワラビーに口ばし攻撃をするダチョウ

本気を出したらワラビーの方が強いと思うのですが

(カンガルーはボクシングできますからね)

ダチョウの気迫に圧倒されている感がありました。

ビデオを持っていかなかったことを悔やんでおります。

テレビ番組に投稿したいくらいでした。

今日はデジカメを持っていかず携帯写真で残念ですね。

20060305_1514_001_1

  ゾウさんです。

  

イベントの中で ゾウのう○ちに

触れるという凄い企画がありました

残念ながらそんな趣味はありませんので参加しませんでしたが。。

20060305_1534_000

拡大で撮れず残念。

ライオンのメスが3頭そろってこちを振り向いてくれました。

多摩動物園のライオンは引退した感のある方々でしたが

こちらは現役バリバリでした。

Photo_19

ズーラシア版のリアル真実の口(もりまさ名づけ)です。

作り物なのにどきどきしました。

松島トモ子さんでしたか。ライオンに噛まれた方いましたね。

こえー。

動物園 いいっす。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

フォト

’08 七夕祭り

  • 2008_1
    08年7月13日更新

卒園式

  • 年少時の先生とツーショット
    2008年3月18日 マサキ卒園です。

息子の小部屋

  • 甘えてます。
    こどもの写真を撮るのは楽しいですね。

お宝(サイン他)

  • 辰吉丈′一郎のサイン
    ここでは 私が大切にしているお宝を紹介します。