2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まめ*その後。 | トップページ | イチローの思い出 »

2006年3月21日 (火)

【映画の話】 ドラえもん のび太の恐竜2006

4歳の息子と二人で見に行きました。

息子にせがまれてではなく

息子を無理やりつれて観にいったというのが

正直なところです。

懐かしの名作にまた会えて嬉しかったです。

この映画は僕が小学校4年生の時に上映して

母と弟二人、あと確か友達が二人で見に行ったんですね。

スクリーンに映し出される懐かしい登場人物達が

自分をはるか昔 1980年当時の自分に

戻してくれました。まるで映画そのものが

ひとつのタイムマシーンであるかのように・・・。

超手短に物語を紹介すると

ひょんなことから ピー助(首長竜の子供)

をのび太君が卵から孵しそして 育てます。

そしてドラえもんやジャイアン、スネ夫、しずかちゃん

らと共に協力しピー助を 本来彼がいるべき場所に戻しにいく。

凶暴な恐竜もいる白亜紀の世界を旅し、未来からやってきた

恐竜ハンターという悪い大人の妨害や誘惑にも立ち向かいながら・・・。

映像はCGなどの処理も随所に使われ

当時のそれよりはるかに美しくなっていましたし

声優の方達もドラえもんをはじめ全く新しい人達に

バトンタッチされていていましたが違和感なく

世界に溶け込んでいけました。

オリジナルも好きでしたが 微妙に新しいシーンが付け加えられたり

オリジナルのときの技術では不可能だったこともCGなんかも

使用され 更にスピーディーにそして迫力満点な仕上がりになっていました。

天国で藤子F不二雄さんも喜ばれていることでしょう。

この 映画がこんなに素敵なのはどうしてだろう。

それはきっと

生命(いのち)の尊さ。

そして かけがえのない友情

というテーマがしっかりと土台に組まれていて

それが 大人が見ても 温かい涙が頬を伝わってくるほど

強く 美しく そして 楽しく 表現されているから かな。

大人になった今の方がより この

単純のようでいてこんな難しいことに気づきを受ける

といってもいいかもしれません。

日常の忙しさ、仕事や色々な出来事によるストレスで

自分を見失いそうになり人への思いやりに欠けてしまいそうな この頃。

笑いや ハラハラドキドキのシーンに織り交ぜながら

大事なことを しっかりと胸に残してくれました。

単なる懐かしさだけでなく 今でこそ気づくこともある。

また 会わせてくれて どうも ありがとう。

スタップの皆さんに感謝ですね。

Imgp1030_1 

« まめ*その後。 | トップページ | イチローの思い出 »

コメント

~まめゴマかわいいですね~

「おかげさまで我が家が遂に完成して無事引渡しも終えました。こちらも忙しい毎日ですが嬉しい悲鳴です!詳しいことは直接会って話します~」 もりひろ★

素敵な家ができました。嬉しくて、疲れも気にならないくらいです。
ご招待できる日を心待ちにしてます!

では(^0^)

祝:新居完成!

もりひろ&もりまさ嬢

おめでとうございます。
新居が完成して色々と夢膨らむ毎日だと思います。

まずは 力添えしてくれた もりあつ もりやすに
よく感謝してください。
もちろん もりまさ嬢の実家のご両親にもね。

遊びにいける日を楽しみにしています。

新築祝いと
おみやげは葦のお菓子と それから
冬ソナのDVDですな。 

それでは また。

もりやすさん、もりあつさんには本当に言葉では尽くせない感謝の思いでいっぱいです。

今日、もりあつさんから聞いたのですが4月1、2日にこちらにいらっしゃると。

まだまだモノが揃ってないですが、来てくださるのを楽しみに待ってます(^。^)

返事おそくなりました。
すみません。
年度末のため非常にバタバタしていました。

今実家に行く準備をしています。
久々に皆さんに会えるので楽しみです。

新居も見せてくださいね。
それではまた。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24110/1109263

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画の話】 ドラえもん のび太の恐竜2006:

« まめ*その後。 | トップページ | イチローの思い出 »

フォト

’08 七夕祭り

  • 2008_1
    08年7月13日更新

卒園式

  • 年少時の先生とツーショット
    2008年3月18日 マサキ卒園です。

息子の小部屋

  • 甘えてます。
    こどもの写真を撮るのは楽しいですね。

お宝(サイン他)

  • 辰吉丈′一郎のサイン
    ここでは 私が大切にしているお宝を紹介します。