2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 女子十二楽坊 来たる | トップページ | リンクについて »

2006年8月 7日 (月)

はだしのゲン

今日は8月6日でした。

(自分の感覚ではまだ今日なんです。)

8時15分。61年前に広島に投下された原子爆弾で

非常に多くの方(20万人以上)が亡くなり今もなお

傷跡を残し続けています。

僕の子供の頃は この日は NHKはもとより民放もこぞって

広島のこと を 取り上げていましたが 今日の新聞をみると

NHKでちょこっと取り上げているくらいですね。

また 8時15分にサイレンがなって.黙祷したものでしたが

それも いつから なくなってしまったんでしょうか?。

自分が気がついてないだけ?いや確かに何も

聞こえてないんだけど。

戦争経験のある人がどんどん 高齢化して

自分を含め 歌にもあるように

戦争を知らない子供たち が 大人になって 社会の中心に

なっていますよね。

戦争体験がない自分にできるのは

実際に体験して辛い歴史をくぐってきた人たちの

絵や写真や話し書籍に頼って子供に伝えていくしかありません。

そんなわけで 自分のブログにも少しリンクを貼っておきます。

『はだしのゲン』という漫画は

原爆で 父・姉・弟を失った少年がたくましく成長していく

姿を.描いた名作です。

大方の人が一度は手に取ったとは思いますが

最後まで読んだ人は稀なのでは?

第二部が準備しているとは知りませんでした。

はだしのゲン公式?HP(かなり濃いです)←ここをクリック

広島原爆資料館HP←ここをクリック

市民が書いた原爆の絵←ここをクリック

« 女子十二楽坊 来たる | トップページ | リンクについて »

コメント

暑かった昨日は図書館に行きました。
もりひろはアイス枕で昼寝してたので自転車で一人行きました。
家の近くの図書館は分館で小さいのですが、込んでなくてゆっくり好きな本を読めるので私のお気に入りの場所です。
「ちゅらさん」を好きになった私たちは来年の2月頃に沖縄に旅行にいこうという計画が立ちました。
そこで、私は沖縄の歴史をもっと知ろうと思い本を探していたところ、沖縄戦の写真集が目に留まりました。

人と人が憎み合い、殺し合うことの恐ろしさ、愚かさ。たくさんの死体が転がっている写真や足にうじが山のように発生した幼い子供。抱き合って死ぬ親子。
真実の写真をみて、その時私がその場所にいたらどうしていただろうと考えましたが、想像もつきません。 


沖縄にいくのですね。
うらやましい。自分もまだいったことがありません。

沖縄は日本で唯一アメリカ軍に直接上陸されて
市民の人たちが多数犠牲になったんで
悲しい歴史もいっぱいありますね。

ひめゆりの塔 という映画がありますが
それも 沖縄の女学生の話しだったはずです。
機会があったらご覧になってください。

『男たちのYAMATO』の豪華版DVDを
買いました。大和もまた 沖縄を防衛する
命を受けて移動中 アメリカ軍の航空部隊の
急襲を受けて沈んだんですね。

この映画も二人でぜひ観てください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24110/2962917

この記事へのトラックバック一覧です: はだしのゲン:

» 柴田あゆみちゃんが原爆ドームに行ったらしい [右派社民党公式ブログ]
わたしの好きなアイドルの一人、柴田あゆみちゃんが原爆資料館に行ったらしいわたしは行ったことがないってか東京より南、長野より西に行ったことがない日本人ならば原爆資料館は一度見に行かなくては罪だろうしかし、わたしは原爆資料館にいいイメージなどもってはいない世界平和に役立ってるとは感じない原爆慰霊碑には「過ちは繰り返しません」と彫ってあるそうだこの過ちというのはいったい誰が起こした過ちのことを言っているのか?原爆を落としたのは日本人ではないいわゆる太平洋戦争を指して過ちだと言ってい...... [続きを読む]

« 女子十二楽坊 来たる | トップページ | リンクについて »

フォト

’08 七夕祭り

  • 2008_1
    08年7月13日更新

卒園式

  • 年少時の先生とツーショット
    2008年3月18日 マサキ卒園です。

息子の小部屋

  • 甘えてます。
    こどもの写真を撮るのは楽しいですね。

お宝(サイン他)

  • 辰吉丈′一郎のサイン
    ここでは 私が大切にしているお宝を紹介します。