2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« クリスマスまであと17日 | トップページ | あれから19年 »

2009年12月 9日 (水)

飛び出す映画・・・クリスマスキャロル【映画の話】

先日3D映画を見ました。
大昔、『ジョーズ3D』というのを観たのですが
それは ほとんど 飛び出さず、迫力のない映像で残念でした。
あれから 25年。技術の進歩は凄いですね~。

今度はばっちり、映画の世界にすっかり飛び込み
素晴しい臨場感でした。

ヂュワ(テテーン テテーン テテーン (シャーン)notes

P1000177_2

観た映画は『クリスマスキャロル』です。
イギリスの文豪 ディケンズの不朽の名作を
ディズニーがCGで映画化しました。
監督はロバートゼメキス。
あの『バック トゥ ザ フューチャー』の監督です。

お金を集めることに執着する、冷酷な老人スクルージ。
クリスマスイブの夜に彼の元に現れた、3人の妖精が
見せる、彼を取り巻く過去・現在・未来の世界。diamond

目をそらし、見向きもしなかった
本当の現実に目を開き、初めて気づく、本当にあるべき自分flair
クリスマスの精神って こういうことなんだ。って
気づかせてくれる 名作です。xmas

3Dで観ると、目の前をちらちらと雪が降ったり、
自分が主人公になったみたいに、妖精と一緒に街を飛び回ったり
臨場感が素晴しく 、通常の映画より楽しめました。
これは はまる!

ラストの感動もひとしおです。

いやあ また観たいなあ。
毎年クリスマスシーズンに上映して欲しいです。

次はカールじいさんも観にいこう。

P1000157

« クリスマスまであと17日 | トップページ | あれから19年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24110/32541139

この記事へのトラックバック一覧です: 飛び出す映画・・・クリスマスキャロル【映画の話】:

« クリスマスまであと17日 | トップページ | あれから19年 »

フォト

’08 七夕祭り

  • 2008_1
    08年7月13日更新

卒園式

  • 年少時の先生とツーショット
    2008年3月18日 マサキ卒園です。

息子の小部屋

  • 甘えてます。
    こどもの写真を撮るのは楽しいですね。

お宝(サイン他)

  • 辰吉丈′一郎のサイン
    ここでは 私が大切にしているお宝を紹介します。