2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2009年6月18日 (木)

いけちゃんと ぼく 【本の話】

ストレスが溜まったときは、笑うヽ(´▽`)/
あるいは 泣く 。゜゜(´□`。)°゜。

身体がすっとします。

昨日は、泣けるモードに入るため
本屋で泣ける本を探しました。
ブログ仲間のちこさんが勧めていた
前から読んでみようと思っていた本がありました。

『いけちゃんと ぼく 』 ※今週末から映画も公開です。

続きを読む "いけちゃんと ぼく 【本の話】" »

2008年11月20日 (木)

生きる 【本の話】

今週亡くなったH部長の突然の死の寂しさの中
良く会社帰りに立ち寄る本屋で一冊の本に出会いました。

『生きる』 わたしたちの思い です。(結構売れてるらしい)

Dscn0849

続きを読む "生きる 【本の話】" »

2007年7月23日 (月)

ハリーポッターと死の秘宝

とうとう発売されましたね。
『ハリーポッターと死の秘宝』 原書

原作が本当に完成するのか不安だったので
ホッと胸をなでおろしています。
(作者だって人間だから やっぱ何が起こるか分からないですからね)

日本語版の発売が待ち遠しいです。
Photo_87

続きを読む "ハリーポッターと死の秘宝" »

2006年10月29日 (日)

のだめカンタービレ

テレビガイドで見て新たに月9で始まったドラマ。

最初何のことだか分かりませんでしたが『カバチタレ』という漫画があったので
あの類かと思いました。

続きを読む "のだめカンタービレ" »

2006年8月 1日 (火)

世界一有名な少年

ちょっと 遅れたけど 7/31は ある少年の誕生日です。

その子の名は ハリーポッター

自分もプロフィールに書いてある通り

自称 ポッタリアンです。

とはいえ まだ最新刊の「秘密のプリンス」までたどりついておりません。

昨日ようやく第5巻の「不死鳥の騎士団」を読み終えました。

(土日で一気に350ページ読めた。)

映画を観て ストーリーだけ追って満足していては絶対に

もったいないですよ。

全世界で3億部も売れているこのシリーズ。

ハリーポッターはね。

赤ん坊のとき 人間世界に預けられた魔法使いの少年で

従兄やおじさん、おばさんに愛情を受けずに育てられるんです。

その少年が 11歳のとき 魔法学校への入学許可書を受け取った

ことから壮大な スケールの物語が展開していきます。

主人公のハリーの脇をかためる

登場人物や 生き物達が すっごく楽しい。

かつて父と母を死に追いやり 今再び世界を恐怖に

落とし入れる 闇の帝王との数々の対決のドキドキ感。

一巻読み進めるごとに秘密の扉が開いていくように

明かされる真実は驚かされると同時に

ああ そうだったんだあと 胸がすうっとしていきます。

また 逆に真実を知ってほろっと.することもあります。

(ネビルの両親の話なんか特に・・・)

御伽噺として

魔法の世界のことを描きながらも 現実世界に照らして

も通じる 真理がしっかりと描かれているとこがまた魅力です。

恐怖に立ち向かえる勇気の必要。

自分の感情をコントロールすることの大切さむつかしさ。

弱いものへの慈愛。 そして 本当の愛って何か・・・。

などなど。

4巻目からは一巻あたり1200ページ以上にも

及びますが長いとは感じないし 全然退屈しない。

映像が目に浮かぶようなシンプルで美しく

選び抜かれた 言葉。

いちいち 突込みを入れたくなるような

ユーモアセンスの光る文体。

活字で読む楽しさを 教えてくれた 作者のJ・K・ローリングと

翻訳をした 松岡佑子さんに大感謝。

この本を読めると考えるだけで生きていることが楽しくなる。

褒めても 褒め切れないですね。これは。

Imgp1189

2006年7月26日 (水)

星の王子さま

Imgp1172

                                              

                                                 

                                                            

                                                                     

                                                            

                                                                                                                                                                                                                                       箱根旅行で 星の王子さまミュージアムに行って

おみやげのひとつに買ってきた

今までに恥ずかしながら未読だった 「星の王子さま」

出張中の電車の中で読みました。

これって・・・・ すごい作品ですよね。 

1943年に出版された本なんでもう60年

以上もたつのに 少しも色あせない普遍の作品です。

今日初めて読みましたが これから

何回でも繰り返して読むことになります。きっと。

それくらい 感動しました。今更ながら.

いや 今だからこれだけ こころの琴線に触れるのかも

しれません。

この本にでてくる

バラの花  きつね 王様 うぬぼれや

のんだくれ、実業家、点燈人、地理学者、蛇、そして私。

人生で出会う 色々な人を象徴してますね。

読みすすめながら ああ これに似たとこ自分も

あるよなあ気をつけないと・・・ とか

これって あの人っぽいなあとかクスクスしたり

自分の生きてきた中で 出会った人や自分の

やってきた 行動を本を通して 振り返っていました。

王子さまの言葉やきつねのことばを

借りて サン=テグジュペリが42歳という短い生涯

の中で獲得した 生きていく上での大切なメッセージがいいです。

なかでも きつねが王子さまに別れ際にいう有名なせりふ。

こころで見なくちゃよく見えない。

大切なものは目にみえないんだよ。

大事にココロの中にしまっておいて

ときどき 取り出して覗きたい 宝物を

手にした気分です。

自分の知っている人で 「星の王子さま」をいつもカバンに

入れているという方がいましたが

自分も コンパクトサイズのものを買って そうしようと思います。

2006年2月 9日 (木)

『古田のブログ』オススメです。

今日は千葉県の市原市に出張でした。

ここから片道3時間弱の長旅のお供に『古田ブログ』を持っていきました。

Photo_11

これがもう面白い。笑)そして かっこいい。

古田さんの日常生活ってこんななんだあって思わず

ホクソエムんでしまうんです

去年は氏にとって2000

のメモリアルイヤーであるとともに

その数日後のジャイアンツ戦での 急所直撃弾をくらって病院送り

あんど 選手登録抹消になるなど天国地獄を味わったのですね。

昨年は忙しすぎてそんな録抹消に関わる事件があったことすら

知りませんでしたが、思わず顔を覆いたくなるような

イッタソウな話の中になんかコミカルな味付けがしてあって

笑ってはいけないんですが 口元が緩みました。

そんな中 いいなあと思ったエピソード。。

試合に出れないため球場で観戦した古田さん。

--------------------------------------------

僕の目の前に僕のユニフォームを着ている人が

何も気づかず、座るではないですか

自分のユニフォームを着て、応援してもらえると

いうのは野球選手にとって

凄くうれしいことなんですよね。

サインの押し売りをしよう・・・

ということで後ろから声をかけました。

「あのう・・・決して怪しいもの

ではないんですが・・・

ここにサインしても

よろしいでしょうか?」

-------------------------------------------

2000本安打達成の数々の野球におけるタイトルを総なめにしてきた

古田選手がなんてことを・・・

と思わず噴出してしまいました。古田さんって本当に気取りのない

フレンドリーなナイスガイなんですねえ。

来年は巨人でなく古田さんを応援することにしました。笑)

このブログももりまさの いちおしブログに貼ってあるのでぜひ見てください。

無謀にも 古田さんのブログにトラックバック貼ってきます。

(読んでもらえたら光栄です)

ちなみに佐倉にいたとき 一時期草野球をやってましたが

背番号は27.(古田選手と同じ)でした。

ただし もりまさは.ライトで8番でしたが・・・。

2006年2月 6日 (月)

賛 『生協の白石さん』

Siraishisan  『生協の白石さん』を読みました。

東京農工大学の生協につとめる白石さんって
とてもいいです。

学生のどんな要望、意見、珍問、奇問に対しても
堂々とうけてたつその姿勢がすばらしい。

いつも余裕たっぷり、変幻自在な切り口に独特のユーモア
おり混ぜ、きっぱりとした回答してくれる。
結論はNOであっても いや-このコメントには参ったフフフ

と笑って満足させちゃう。

そんな生協の白石さんを応援するブログを
下の 【もりまさいちおしのブログ】にリンクしたので
ぜひ覗いてください。

そういえば 最近こんなものがありました。(本未掲載)

Q.あと1個ですよ~銀のエンゼル!!

A.そうですか。達成間近ですか。これをごらんの皆さん、
XXさんのお知り合いでチョコボールの銀のエンゼルを
お持ちの方いらっしゃいましたら、どうか氏に、
合いの手を差し伸べてあげてください。

そして共に喜びを分かち合ってください。
そんな方が現れたらXXさんにとって
まさしく真のエンゼルですね!(白石)

実は 私もあと一個なんです。私のエンゼルはいずこに・・・。

Photo_7

 それにしても 金のエンゼルって36年生きてきて

 未だ 一度もお目にかかったことない・・・。

フォト

’08 七夕祭り

  • 2008_1
    08年7月13日更新

卒園式

  • 年少時の先生とツーショット
    2008年3月18日 マサキ卒園です。

息子の小部屋

  • 甘えてます。
    こどもの写真を撮るのは楽しいですね。

お宝(サイン他)

  • 辰吉丈′一郎のサイン
    ここでは 私が大切にしているお宝を紹介します。